bnxhdfhdh

才能があるから

  • 2013.10.24 Thu
才能があるからってお高ぶってんじゃないよ」
後ろからそんな声が聞こえた。それでも歩き続けた。
人混みからはすぐに離れたが、なかなか落ちついて息ができなかった。
音楽科は異様だ、とさきほど言われたことを思い出した。確かに、何かがおかしい。でも、何がおかしいのだろう?はっきりと原因がわからないことが、エレノアをますます混乱させていた。一体なぜ、音楽科の生徒たちはあんな目で自分を見るのか?どうして知りもしない人間にあんな悪口を言えるのか?www.ibitthesheriff.com

夢中で歩いているうちに、図書館の近くのカフェにたどりついた。そうだ、コーヒーでも飲もう。少しは落ち着くだろう……。
2-7アンゲルエレノア図書館のカフェ
「アンゲル?」
夕方、アンゲルが図書館の近くを通りがかった時、どこからか自分を呼ぶ声がした。回りを見渡すと、大きなつばのある紺色の帽子をかぶった女性が、カフェの前のベンチに座って、こっちに向かって手を振っていた。
「エレノア!」
アンゲルは久しぶりにさわやかに笑った。頭に付きまとっていたコミュニティの暗い雰囲気が、一瞬で消えた。
しかし、エレノアが沈んだ顔をしていることに気がついた。ラルフローレン ポロ

「何かあったのか?」
「ダメだったわ」
エレノアが寂しそうに笑って下を向いた。手に持っているコーヒーカップを無意味にくるくると回している。
「何が?」
「音楽科の人が意地悪で仲良くできそうにないし、それに……」
「それに?」
エレノアは視線を下に向けて、何かを迷っているように見えた。
「コミュニティよ!」突然思いついたようにエレノアが叫んだ「アンゲルは管轄区出身だから、管轄区のコミュニティに入れるでしょう?」
「ああ、あれか」アンゲルはさっきの『狂信的な女神の信徒の集会』のことを思い出して顔をしかめた「そんなにいいもんじゃない。出身は同じでも、気が合わない奴ばっかりだ。俺は関わりたくないね」ラルフローレン スーツ

「そんなこと言わないでよ。どこにも入れない人もいるのに」
「どういう意味……あ」アンゲルは突然あることを思い出した「エレノア、たしかご両親が違う国の出身だよね?」
「それよ」
エレノアがアンゲルの目をまっすぐに見つめた。やはりどこか心細いような表情をしているが、そんなエレノアもやはり美しくて、アンゲルは見とれた。
「アケパリのコミュニティに行ったら『目が青いからダメだ』って言うの。ドゥロソに行ったら『国籍がないからダメ』って」
「心の狭い奴らだな」
アンゲル

Comments

http://www.naturschutzvereinmuttenz.ch/Thavasa-3.html

bagsz7Ostartf5Ky2Lj5C<a href=http://www.aaremedizin-thun.ch/upload/Vivienne-Westwood-bags-5.html>;ヴィヴィアンウエストウッド 通販</a>
<a href=http://www.naturschutzvereinmuttenz.ch/Thavasa-3.html>;サマンサタバサ パスケース ディズニー</a>
myy1Jcoachz1Cz4Ss0O<a href=http://www.allinone.ch/katalog/Kate-Spade-handbag-3.html>;ケイトスペード バッグ 楽天</a>

Comment Posting

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://nz789456.blog.petitmallblog.jp/tb.php/1-1c26a4f9

 | HOME |